11月12日

みんなでシェア旅 佐賀県

見ているだけで旅気分が味わえる、「地元ならではの話題」を全国から“シェア”してもらい、地域の魅力を再発見する“みんなでシェア旅”。今回の舞台は佐賀県。
朝晩の冷え込みが厳しい季節になりました。夏に食べきれなかったそうめん、ご自宅に余っていませんか?今だからこそ食べたい、あったかくておいしいそうめんレシピをシェア!そして嬉野市からは、先月始まったばかりの新しい旅の形、「茶泊」で楽しむ「ティーペアリング」の技や、今じわじわキテる「肥前吉田焼」の楽しみ方をシェア。さらには、巫女(みこ)のみなさんが、神社から貴重な所作をシェアしてくれました!あなたもきっと誰かにシェアしたくなる、伝統が進化する佐賀の新情報、盛りだくさんです。

冬こそそうめんがおいしい季節!簡単レシピをシェア!

夏に食べきれなかったそうめんが、さらにおいしくなっているかもしれません。そうめんはねかせることで、コシがさらに強くなるってご存じですか?機械そうめん発祥の地といわれる佐賀県神埼市では、こだわりの職人の技と機械のコラボで特産の神埼そうめんを生産しています。製麺所の井上義博さんと、妻敦子さんがシェアしてくれたのは、調理時間たった5分の超時短そうめんレシピ。さらに佐賀の料理ブロガー、筋肉料理人こと藤吉和男さんが、運動する人におすすめの簡単筋肉レシピをシェアしてくれました。スタジオではバリエーション豊かなそうめん料理をご紹介しました。

ほかほか豆乳そうめん

印刷用ページ

サバ缶の煮魚そうめん

印刷用ページ

鯛(たい)とあさりのそうめんアクアパッツァ

印刷用ページ

あんかけ にらたまそうめん

印刷用ページ

トマトカレーにゅうめん

印刷用ページ

そうめんコロッケ

印刷用ページ

そうめんカルボナーラ

印刷用ページ

にら豚かた焼きそうめん

印刷用ページ

トムヤムクン風にゅうめん

印刷用ページ

新感覚の旅 “茶泊”でティーペアリングの極意をシェア

佐賀県嬉野市で先月始まったばかりの新しい旅の形、「茶泊」。なんと一人一泊15万円という高級宿泊プラン。美肌の湯として知られる嬉野温泉と、名物のうれしの茶を満喫できるというこのプランでは、お茶専門の執事「ティーバトラー」がおもてなしをしてくれます。このティーバトラーの正体、実は現役のお茶農家さん。みずから育てた自慢のお茶を提供します。ティーバトラーの副島仁さんが、料理とお茶の組み合わせ、「ティーペアリング」の技を披露してくれました。お刺身にはウーロン茶、和牛にレモングラス緑茶など、意外なペアリングをご自宅でもお試しください。

歴史と技術が進化をとげた!肥前吉田焼

佐賀といえば、有田焼・伊万里焼・唐津焼などの焼き物で有名。そんな佐賀で、今じわじわキテる焼き物が、400年の歴史をもつ嬉野市の「肥前吉田焼」です。焼き物の町、嬉野市吉田地区では、卸問屋の倉庫で「トレジャーハンティング」が楽しめます。ヘッドライトと手袋を身に着け、倉庫の中でお気に入りの焼き物を探す冒険気分を、あんまんちゃんが体験しました。卸問屋5代目の大渡義直さんの目標は、トレジャーハンティングで肥前吉田焼のことを知ってもらうこと!さらに若手窯元の辻諭さんの工房では、3Dデータを使って作られた吉田焼の斬新なデザインを堪能しました。そして、身近な食器でおうち時間をステキにコーディネートしてくれたのは荒木眞衣子さん。湯飲みや豆皿を使ったおしゃれなテーブルコーディネート術をシェアしてくれました。

神社の巫女(みこ)がSNSで大活躍!?巫女所作をシェア!

佐賀県鹿島市の祐徳稲荷神社では、コロナ禍の中で参拝したくてもできない人たちのため、巫女さんたちが大活躍!神社の四季を伝える写真や、片道15分の階段を上って奥の院まで参拝する様子などをSNSでシェアしてきました。「参拝した気持ちになれた」「笑顔にパワーをもらった」など、元気づけられた人たちからのコメントが次々と寄せられています。そんな巫女界のインフルエンサーが、ふだん使える巫女の所作をシェアしてくれました。いつも長いはかまを履いている巫女さんは、階段を上るとき、独特の足の運びをしています。足を前にではなく横に回すように上げれば、つま先ではかまを踏むことはありません。ロングスカートのとき、試してみては?!

ゲスト:塙宣之さん(ナイツ)

VTRゲスト:井上義博さん(神崎そうめん協同組合 代表理事)、井上敦子さん(井上さんの妻)、藤吉和男さん(筋肉料理人)、副島仁さん(ティーバトラー)、大渡義直さん(食器卸問屋)、辻諭さん(肥前吉田焼 窯元)、荒木眞衣子さん(食空間コーディネーター)、巫女5名(祐徳稲荷神社)、鍋島朝寿さん(祐徳稲荷神社 宮司)

リポーター:竹野大輝アナウンサー(NHK佐賀放送局)