12月4日

プレミアムトーク 柄本明

ことしだけで、15本以上の映画やドラマ、舞台に出演している超ベテラン売れっ子俳優・柄本明さん。なかでも、高視聴率を記録した民放のドラマでは、主人公の前に立ちはだかる“ラスボス”を怪演し話題となりました。一方、みずから立ち上げた劇団「東京乾電池」では、座長として劇団員たちをけん引。来年45周年を迎えます。今回、活動の拠点となっている劇団の稽古場を取材。劇団員の皆さんに、怖いけど魅力的だという座長の素顔を伺いました。
現在は、12月から公演が始まる4人芝居の稽古中。共演は、藤原竜也さんをはじめ、20~30代の年の離れた俳優たちです。さらに、外部公演では自身初となる演出にも挑戦しています。稽古場の様子を取材すると、独特な演出を繰り広げる柄本さんの姿が・・・。柄本流演出の狙いや、舞台に立ち続ける理由を伺いました。
50年近くにわたって芝居と向き合ってきた柄本さんの底知れぬ魅力を紹介しました。

柄本さん演出・出演の舞台

「てにあまる」

ゲスト:柄本明さん
VTRゲスト:藤原竜也さん(俳優)、江口のりこさん(俳優)、柄本時生さん(俳優)