1月21日

みんなでシェア旅 秋田県

「ふだんは見られない絶景」や、「地元ならではの話題」などを全国から“シェア”してもらって、その地域の魅力を再発見する“みんなでシェア旅”、今回は秋田県でした。

真冬の絶景!「森吉山の樹氷」

この時期は、雪が織りなす絶景もめじろ押し。日本三大樹氷のひとつ森吉山の樹氷は、ちょうど見ごろを迎えています。大きいものだと5メートルを超えることも!その迫力から、「アイスモンスター」の異名を持っています。樹氷の形も、木によってさまざまな個性があり、中に入って楽しむことができるのが、魅力のひとつです。幻想的な樹氷の楽しみ方を、地元のPR大使も務めるご当地リポーター・相場詩織さんにシェアしてもらいます。

伝統の手づくりみそ お手軽活用術

湯沢市にある、創業166年のみそ・しょうゆ醸造元では、地元のこうじから昔ながらの職人技で手作りする、独特の甘さが特徴の名物「秋田みそ」が大人気。みなさんが教えてくれたのは、みそに具材を混ぜてコロコロ丸めて、みそ汁を楽しめる「みそボール」。見た目がかわいく、親子で楽しくつくれる、秋田みそを使ったおしゃれ&アレンジ多彩な「みそボール」の活用術をシェアしてくれました。

絶品! 新名物グルメ「きりたんぽみそ鍋」

いま、秋田で新たな新ご当地グルメとして注目されているのが「きりたんぽみそ鍋」。一般的な「きりたんぽ鍋」は、比内地鶏のだしが効いたしょうゆベースのスープで食べる冬の県民食ですが、甘みやうまみの多い秋田みそをベースに、県産食材をふんだんに使った「みそ鍋」は、最近もっとも注目されているグルメ。きりたんぽの再現は難しいが、秋田にはお米をだんごのように丸めた「だまこ鍋」もあり、自宅でお手軽につくれる技をシェアします。

万能調味料「三五八」の作り方

印刷用ページ

「きりたんぽみそ鍋」の基本レシピ

印刷用ページ

古きよき日本の原風景「かやぶき」

羽後町の田代地区は、全国有数のかやぶき家屋が建ち並ぶ、県内でもとても珍しいエリア。いま、町が力を入れているのが、ユネスコ無形文化遺産にも登録された「かやぶき家屋」のある景観を守ること。真冬でも泊まれるかやぶきの民家での心休まる過ごし方をシェアします。

ゲスト:壇蜜さん

リポーター:倉沢宏希アナウンサー(NHK秋田放送局)