4月1日(木) 一覧へ戻る

ごまつくね

栗原はるみさん(料理家)

ごまの香りとプチプチとした食感がおいしい「ごまつくね」を、料理家の栗原はるみさんに教えていただきました。表面をカリッと香ばしく焼き、串に刺していただきます。手作りの甘辛だれは、照り焼きのたれやチャーシューの味つけにも使えます。

材料・10本分

  • 鶏ひき肉300グラム
  • 大さじ2分の1
  • 小さじ3分の1
  • こしょう少々
  • 小麦粉大さじ1
  • 卵白1コ分
  • たまねぎ4分の1コ(50グラム) 
  • 白ごま大さじ5
  • サラダ油適量
B
  • しょうゆカップ4分の1
  • みりんカップ4分の1
  • 砂糖大さじ2
  • 卵黄1コ分
  • 七味とうがらしお好みで

作り方

  1. たまねぎは粗みじん切りにする。
  2. ボウルにAを入れ、まとまるようになるまで練り混ぜる。
  3. 1、白ごまを加えながら混ぜる。
  4. 10等分して平らな小判形に整える。
  5. フライパンにサラダ油を熱し、中火~強めの中火で焼く。表面がカリッとして焼き色がついたら上下を返し、足りなければサラダ油を加えて、両面がカリッとし、中まで火が通るまで焼く(片面2分30秒~3分)。串に刺して、器に盛る。
  6. 小鍋にBを入れて煮立たせたら、弱火にして約5分間、煮詰める。軽くとろみがついたら、火を止めて粗熱を取る。
  7. 5に6をかけ、卵黄、お好みで七味とうがらしを添える。