4月6日(火) 一覧へ戻る

釜揚げしらすのフリッタータ

片岡護さん(イタリア料理店オーナーシェフ)

南イタリアの家庭料理しらすのフリッタータ。本場では生しらすを使いますが、今が旬で、日本でも手に入りやすい「釜揚げしらす」を使って、おいしく作るレシピを教えてもらいました。

材料・4~5人分

  • 5コ
A
  • 菜の花(1センチ長に切る)1ワ
  • ねぎ(小口切り)15センチ
  • にんにく(みじん切り)小さじ2分の1
  • バジルの葉(1センチ幅に切る)4~5枚
  • オリーブ油大さじ1と2分の1
  • 釜揚げしらす80グラム
  • フルーツトマト(角切り)1コ
  • パルメザンチーズ(粉)大さじ2
  • 牛乳60ミリリットル
  • パセリ(みじん切り)大さじ1
  • 適量
  • こしょう適量
  • オリーブ油大さじ1と2分の1

作り方

  1. まずはAの材料で卵に入れる具を作る。フライパンにAのオリーブ油を入れ、にんにくを きつね色になるまで、弱火でゆっくりと炒める。
  2. (1)の中に、Aのねぎと、塩ゆでした菜の花、バジルの葉を入れ炒める。塩、こしょうをして味を整えながら、菜の花がしんなりするまで炒めたら具の完成。
  3. ボウルに卵を割り、よく混ぜ合わせ、(2)を入れ、、パセリ、トマト、パルメザンチーズ、牛乳、釜揚げしらすを入れ、よく混ぜ合わせる。
  4. フライパン(直径18ンチ)に、オリーブ油を熱して(3)を流し込み、軽くかき混ぜる。
  5. ふたをして、火の位置を変えながら、弱火で15分ほど、じっくりと きつね色になるまで焼く。
  6. 9分目まで火が入ったら、ふたなどを使い裏表をひっくり返す。そのまま裏面を1分ほど焼いたら完成。