発達障害プロジェクト

あなたの困りごと・対処法を教えてください

投稿フォームはコチラ

困りごとのトリセツ(取扱説明書)

運動が苦手・
手先が不器用

どのような特性?

発達障害のある人の中には、運動発達の凸凹から、特定の運動が苦手であったり、得意な動きと不得意な動きの差が大きい人もいます。

苦手となる運動の種類は、姿勢の保持やバランス、歩く・走る・ジャンプする・とびおりるといった「粗大運動」、ものをつまんだり引っ張ったり、字や絵を書く、はさみを使うといった「微細運動」、なわとびやドリブルといった、手と目、手と足など、身体の複数の箇所を同時に動かす「協調運動」などさまざまです。

一般的な対策

対処法として、作業療法や理学療法を通して感覚統合や運動機能の発達を促したり、持ちやすいペンや留めやすいボタンを使うなどして、本人の負担を軽減する方法や環境を整えたりといったことが考えられます。

また運動の困難さは、不注意や心理面とも深く関連しています。本人が運動自体に対して苦手意識や抵抗感を持っている場合も少なくないので、厳しい“訓練”のような教え方をするよりも、本人が遊びの中で楽しみながらスモールステップで取り組めるような工夫をすると良いでしょう。

印刷して使える“わたしのトリセツ” 自分の困りごとと希望する配慮を周囲の人たちに伝えるのに役立ちます

コチラから(PDF)

▼みなさんからの困りごと・対処法

  • No.4

    手首から指先にかけてうまく力が入らない。運動は好きだけれども足首を捻ったり躓いたりしやすく、筋トレしても何故か疲れやすい。手・脚・足首にサポーターを付けたり、登山用ストックを持ったりして弱い所を保護し、安全に歩けるようにしています。団体競技は他人の動きが把握出来なかったり、感覚過敏で疲れやすかったりするので、個人で楽しめるハイキングや水泳等をしています。
    (ゆきうさぎ 女性30代 三重 当事者)

  • No.3

    私は小学校から高校までとにかく、家庭科と図工で苦しみました。手先が不器用なのと、耳で聞く能力が低い、頭の中でイメージができないためです。とにかく練習と、生活に必要なことさえできればいい、という良い意味での諦めです。あとは恥ずかしがらずに聞く!不器用なんです、と言いながら。これしかないです。みなさん、えー!?と言いながらも優しく教えてくれます。
    (雪ん子 女性40代 神奈川 当事者)

  • No.2

    大学生1年の頃にASDと診断されました。とにかく運動が苦手です。ボールを顔面で受けたり、加減ができなくて色々なものにぶつかったり、学生の頃の体育は地獄でした。当時は運動が嫌いだと思っていましたが、社会人になってからは一人での運動なら楽しいと思えることが判明しました。一人でできるスポーツに挑戦してみようかなと思い始めています。
    (さっちょ 女性20代 北海道 当事者)

  • No.1

    大人になっても派手に転んでばかりいます。階段から落ちたり、不注意で火傷したり手を切ったりで生傷が絶えません。机やドアにもぶつかるし、いつもドタバタして恥ずかしいです。職場のイスからバランスを崩して落ちた時は、周りの人から冷ややかな目線で見られて悲しかったです。
    (アサリ 女性40代 愛知 当事者)

あなたの困りごと・対処法を教えてください

投稿フォームはコチラ

TOPへもどる