発達障害プロジェクト

あなたの困りごと・対処法を教えてください

投稿フォームはコチラ

困りごとのトリセツ(取扱説明書)

こだわり、
不安がつよい

【投稿者の対処法】

  • ◎予定どおりにいかなかったときにすることを、あらかじめ準備しておく。
  • ◎自分が不安になる状況や原因を考え、できるだけそれを避けられるよう工夫する。
  • ◆家族や周囲の人の工夫は
    • ・当事者のこだわりをできるだけ否定しない
    • ・予定どおりにいかないかもしれないこと、別の選択肢もあるということを、あらかじめ伝える
    • ・注意したいことは、紙に書いて伝える
    • ・伝えたいことは、あいまいな表現をつかわない

●対処のポイント

  • ◎物事を処理する手順や特定の分野に対するこだわりなどは、そのこだわりが自分一人で完結するものか、周囲の人と一緒に過ごす上で支障をきたすかどうかで、対処法をわけるといいでしょう。周囲に迷惑のかからない自分だけのこだわりは、自分なりのペースやコンディションを維持することに役立つことがあります。逆に、仕事での共同作業などでは、作業の目的や周囲の人の希望も踏まえて、折り合いをつけるポイントを決めるようにしましょう。
  • ◎予期せぬ出来事に対する不安が強くなりやすい人は、不安に思ったときにすぐ周囲の人に相談するようにしたり、紙に書き出して情報を整理したりするなど、不安を軽減させるための方法を用意しておくといいでしょう。

印刷して使える“わたしのトリセツ” 自分の困りごとと希望する配慮を周囲の人たちに伝えるのに役立ちます

コチラから(PDF)

どのような特性?

発達障害のある人の中には、特定の行動パターンや環境へのこだわりが強い人や、予定の変更や見通しの立たない出来事に対しての不安が強い人もいます。こだわりや不安が生まれる背景要因のひとつとして、特定の感覚への過敏性があげられます。自分にとって安心できる環境や物が限定されている場合や、物事の細部に目がいきやすいなどで、わずかな変化にも大きな不安が伴いやすいといった場合もあります。

一般的な対策

対策としては、生活に支障の出ない範囲で、本人が安心できるパターンや環境を尊重しつつ、「この予定は変更になる可能性があります」「予定が変わった時は○○さんから連絡します」など、変化の可能性に対してあらかじめ伝えておいたり、「作業の順番が変わっても目的は達成できるから問題ないです」など、変化に対して柔軟な対応ができるような声かけをしたりすると、不安が緩和されやすいと言われています。安心して活動できる環境の中では、こだわりや不安は変化したり、軽減したりすることもあります。一人ひとりに合った工夫を考えていくことが大切とされています。

▼みなさんからの困りごと・対処法

  • No.12

    療育の友達の旦那さんが動物園に行くと予定をたてました。当日はザーザーぶりの大雨。それでも予定していたのだからと引き止めても行ったそうです。発達障害の中には急に変更するのを嫌うタイプの人がいます。嫌うというか怒ります。そんな時は、雨が降った場合と、家族が病気になった時のパターンなど、あらかじめ他のプランも伝えるといいです。
    (おはな 女性30代 兵庫 当事者)

  • No.11

    大学1年生です。私は時間通りにならないと超不安になります。電車が時刻通りに来なかったり、友達が約束の時間に1分でも遅れたりすると、不安が爆発して半泣きになってしまいます。自分が遅れたら、不安や焦り、しまいには関係ない人の目線まで気になってしまいます。遅れて行くという選択肢はなく、家に引き返してそのまま引きこもってしまいます。
    (まるりん 10代 大阪府 当事者)

  • No.10

    何度か診断名が変わり、現在は広汎性発達障害となっています。「朝が苦手」「こだわりが強い」「マルチタスクが苦手」といった自覚はありますが、それを個性と捉えて健常者として振る舞いたい自分と、障害という位置付けに納得したい自分の間で気持ちが揺れます。あまりにも個人差のあるこの障害名と付き合うことの難しさを感じています。
    (こっぺ 20代 埼玉 当事者)

  • No.9

    「このお店のこれでないとダメ」、言われた方はただのワガママじゃないかって思いますよね。当事者はいつもと違うことが怖くて仕方がない。日常生活で常に不安と恐怖と戦っています。「普段行くお店と違う所で混乱することは、みんなもよくあるよ」って言われます。弱音を吐いた時に「よくあることだ」と言われるのは、当事者にとって辛い事だと私は思います。
    (えみ 女性30代 愛知 当事者)

  • No.8

    家の中で、使っていないものがあるとすごく気になります。家族に理由を聞いて、必要ないなら処分してもらいます。私物は自分の部屋に置くはずなので、何でここに置いてあるの?と混乱します。数日様子を見て改善されない場合、持ち主に持って行くか、持ち主の部屋に置いておくかします。また、物が多いと混乱するので極力シンプルにしてもらっています。
    (シンプル 女性30代 茨城 当事者)

  • No.7

    私は子供の頃から、家の玄関のドアを執拗に確認しなくては気が済みませんでした。戸締りや心配性については、自分の行動を声に出して言うようにしています。子供みたいですが「窓を閉めました!」「ドアを閉めました!」と、ハッキリと声に出して言います。紙にやることを書いて、出来たらすぐにチェックします。流れるように作業をすると、やったかどうかも忘れてしまうので、1つ1つの行動を丁寧にするように心掛けます。誰かと一緒の時は、一緒に見ていてもらいます。窓を閉めた時、ドアに鍵をかけた時、他にも、重要な何かをする時は、身近な人に側で見てもらいます。なかなか難しい障害ですが、理解してもらうだけではなくて、やはり当事者の自覚と、どうすれば対策出来るかを真剣に考えて、行動しようと努力することも、周りの協力を得るのには大事なことだと思います。
    (花 20代 東京都 当事者)

  • No.6

    私は今年、大学生になりました。私はノートを書くときに、自分の字の汚さや消しカス、シャーペンの芯や爪の垢などに気を取られて、宿題をやろうとしてもできなかったのですが、大学生になり、ノートをパソコンでとるようにしてから、勉強に集中できるようになりました。
    (あま 女性10代 東京都 当事者)

  • No.5

    自分は高校2年生のADHD、アスペルガー症候群の当事者です。洗濯物が乾いているかどうかが分からないというのはとても致命的です。Tシャツなど視覚で判断できるものはいいのですがジーンズや色の濃いものだとやはりわかりません。どうしても全部濡れているように感じてしまうのです。
    (檜 10代 栃木 当事者)

  • No.4

    あらゆる感覚に不便を感じるので、不安を解消するために色々な物を持ち歩いています。光過敏対策にサングラス、聴覚過敏対策に特殊な耳栓、持病の薬…特に長時間の外出の際はこれから起こる事を想定し様々な物を持ち歩きます。
    (ゆん 女性30代 茨城 当事者)

  • No.3

    ADHD診断済み45歳です。たぶん、ASDも少しかぶっているあたりです。急な予定の変更が苦手です。なぜ、自分が急な予定の変更が苦手かと冷静に振り返ったとき、ものすごく不安になるのだとわかりました。予定していたことと違うことでなにか大きな失敗をしてしまうのではないかとか、すべてが崩れるような不安感が襲ってきます。それがわかってから、「おまじない」を唱えるようにしました。頭の中で数回、「大丈夫。予定が変わっても、順番が変わるだけですることは変わらない」とか唱えたり、「大丈夫、予定が変わっても、やろうとしていたことは全部できる」と唱えたり。そうする時間をほんの1、2分作るだけでずいぶん違います。
    (コミ 女性40代 滋賀 当事者)

  • No.2

    今日が何月何日か?何度も確認したり、予定が入っている日を何度も確認したりしなければ不安でいられないし、急に予定を変えられない。とにかくカレンダーと携帯に予定を書き、常に確認する。何時に支度を始めて何時に家を出るか?どの交通機関を使うかを事前に調べて記録する。持ち物と着る物を全て記録し、着る物は、全て出しておく。その為にも天気予報は、かなり前から調べ続ける。
    (Mito 50代 東京都 当事者)

  • No.1

    「こんど、こどもたちと一緒に公園行こうね?」などとあいまいに誘われると、気になるとずっとそのことが頭から離れないので、次第に公園に行くこと自体にストレスを感じるようになります…。近い約束あれば、「○日と○日で、どっちか行ける日がある?」などと日付けを指定してくれると決断しやすいです。
    (いつも何かに追われてる母 女性30代 大分 当事者)

  • No.23

    息子は自閉症です。やめたくてもやめられないこだわりがあるようです。新しい職場で「このタイミングでそのこだわりを無くしましょう。最初は怒るでしょうが、それは、受け止めます。そのうち、乗り切れると思います」と言われました。それが原因かどうかは分かりませんが、直ぐに一つ、自分でも困っていたこだわりは無くなりました。本人は楽になったのかもしれません。
    (けむけむ君 女性50代 神奈川 当事者の家族・親族)

  • No.22

    小学生3年になり、一生懸命なのにできず、泣いたり絶叫したりしてしまいます。気持ちが高ぶってしまったときには保健室やトイレに行き、クールダウンするようにしています。また、漢字ドリルをノートに書きうつすなどの宿題を家でやる時も、とても手や目が疲れるみたいで、泣きわめいたり、ノートやプリントをやぶったりしてしまいます。そのときは「一生懸命したのにうまくいかないね、できなかったことは連絡帳に書いておくから、もうしなくていいよ」と言ってあげます。
    (怪獣さんのママ 女性40代 大阪府 当事者の家族・親族)

  • No.21

    何をするにも細かく計画予定を早めに知らせています。万が一変更しないといけない事態が生じた時は、なぜ変更しなくてはいけないかを具体的に早めに説明して理解を求めます。音をたてそうな時は、必ず今から音がなる旨を伝えて驚かないようにしています。
    (ふーみん 女性50代 兵庫 当事者の家族・親族)

  • No.20

    完璧主義の息子。失敗を嫌います。対処法は「失敗」という認識を外してやることでした。「失敗じゃない?」と聞いてくるようになれば、ヨシ!認識が変わってきたと思いました。今では失敗したあと、次はどうすれば防げるかを考えるようになりました。考え方のクセって直せるんだと思いました。ほんと、息子はゆっくりと発達しているんだと実感しています。
    (まこやん 女性40代 奈良 当事者の家族・親族)

  • No.19

    思い込みが激しい小学校一年生の支援学級在籍の娘がいます。みんなが意地悪をするかもしれないと思いこんで勝手に孤立してしまうことがあり、そのことが続くと周囲に対する攻撃性が出て来てしまいます。そうした事実はないことを確認したうえで、お友だちも先生もあなたの味方です、何かあればいつでも助けてくれます、けっして敵ではありませんと言い聞かせます。
    (みきママ 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)

  • No.18

    自閉症スペクトラムの小学2年の息子は、見通しが持てなく、いつもと順番が変わったりすると、不安と恐怖からパニックに。予定の変更がある時は、事前に何度も告知して混乱を回避しています。あり得る変化のパターンを予測して、買い物等は「売り切れているかもしれないよ?」と、あることが絶対ではないというニュアンスで伝え、別のお店に行くか、他の物を買うという選択肢を事前に伝えています。
    (ドン子しいたけ 女性40代 大阪府 当事者の家族・親族)

  • No.17

    5歳の自閉症の娘には、ドア、カーテン、窓、冷蔵庫の開閉や、照明のスイッチ、リモコン、自動車のエンジンスタートボタンは自分がするというこだわりがあり、うっかり目の前で誰かがするとかんしゃくを起こすので困ります。3歳の弟がおり、弟がする分には譲れるようなところがあり、今後こだわりが緩和されることを期待して見守っています。
    (虹の子ママ 女性30代 兵庫 当事者の家族・親族)

  • No.16

    今、小学1年生の息子は、ADHDで衝動性が強いです。初めての夏休みで時間の使い方がわからずルーズになってきた時期から、鼻鳴らしが始まっています。ぼーっとしている時が特に多く、ずっとフンフンと言っています。注意したところ、今度は自分の指を、私が近くにいる時は私の腕を、舐めたり噛んだりします。
    (十人十色 女性30代 岐阜 当事者の家族・親族)

  • No.15

    現在中二の男の子。小さい頃ビデオで、「いいうんちはちゃんとした食生活をしていたから、悪いうんちは夏にアイスを食べ過ぎたり不摂生がたたったから」という内容を見てしまった。特に不摂生をしたわけでもなく、下痢をしてしまい大パニックに…「いいとか悪い評価をしないで、出すことが大事」と教えたところ、納得!
    (ともぞう 女性40代 埼玉 当事者の家族・親族)

  • No.14

    娘が風呂に入る事、髪を清潔にする事に対して、体を洗う事の対しても含めて嫌がります。時間だから風呂に入りなさい、まだ風呂に入ってないの?なんて言うと固まって動かなくなります。時間と頭を洗う回数を伝えてみたら嫌々ながらも、応えて動いてくれました。
    (ナバさんち 女性10代 静岡 当事者の家族・親族)

  • No.13

    小学校低学年のASD長男。自分の思うように時間が過ごせない時に(多く見受けられるようにみえる)口に何かを入れる。例えば、Tシャツの首部分や袋の紐、帽子の紐など。かなり濡れた状態になっても、違和感を感じず、心の安定につなげているらしい。
    (るしぇる☆ 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)

  • No.12

    小学校6年生の男の子です。季節が変わり暑くなり半袖になりましたが、着れる服が上下各2着ずつしかありません。子供が「着る」と言う服を購入してもなかなか着ることができません。予備の服がないので困っています。
    (お困りママ。 女性40代 大分 当事者の家族・親族)

  • No.11

    夫が発達障害疑いです。こだわりが強く、決まったものしか食べませんし、興味のない数字は覚えることができず、10年以上住んでいる家の郵便番号や電話番号は未だに覚えられません。話をしていても急に怒り出すことが多く、地雷を踏む思いでいつもビクビクしながらタイミングを測っています。私がアスペルガーのチェックリストを見せて当てはまることはないか、夫に見せたところ「俺を病人扱いしやがって」と怒りだしました。家では私が陰ながらアスペルガーに対しての接し方を心掛けています(例えば、相談事は口で話すよりもメールで箇条書きにして伝える、など)。夫がストレスを溜めないように先回りして配慮しているおかげか精神的には落ち着いてきました。
    (はなこ 女性30代 千葉 当事者の家族・親族)

  • No.10

    私は発達障害のある子の母です。息子は「順番」にこだわります。一度指導を受けた順番を徹底的に守ろうとします。なので、「そこはこうでいいよ」と急に言われると悩んでしまい、固まってしまいます。何ができるか、どうしたらわかるか、始めの数日でいいのです、きちんとその人たち(職場などにいる発達障害の方)を見てほしいのです。「適材適所」が出来るのは健常の方たちだけです。
    (たくはやまま 女性30代 秋田 当事者の家族・親族)

  • No.9

    現在、小2で、特別支援学級に在籍しています。通学時は、いつも同じ服を着ています。子どもにとっては、こだわっている服を着て通学する事で、安心したりするのでは…?
    (けい奈 女性40代 静岡 当事者の家族・親族)

  • No.8

    こだわりが強く、色々な所で様々な儀式を始めてしまいます。途中で止めるとパニックになりやすいので、ひと通り終わるまで見守っています
    (はくりゅうママ 女性50代 東京都 当事者の家族・親族)

  • No.7

    娘のことです。洗濯物の量、ティッシュペーパーの消費量、水の使用量、等の様々な消費物の消費量がすごくて大変です。彼女の分、とか決めたりしましたが、自分のは使わず、家族のを使ってしまいます。ものに対する執着やなくなってしまうという不安から来ると思われます。
    (マキサンズ 女性40代 千葉 当事者の家族・親族)

  • No.6

    20代、ASDとADDを併せ持つ娘から頼まれていること。日常生活の中で不都合な行動を取ることがよくあるのですが、注意する時、口頭だと「怒られている!」とパニックになってしまって内容が全く頭に入ってこなくなるので、冷静で穏やかな口調でどの行為が良くなかったか良くなかった理由次からはどうすれば良いかを淡々と伝えて欲しいと言われています。できれば口で言うより紙に書いて渡してもらう方がより頭に入ってきやすいそうです。
    (ベル 女性50代 神奈川 当事者の家族・親族)

  • No.5

    グズりが最近減ってます。将棋を始めたお陰です。頭の中で3手先のことを考えるためには、グズらず、静かに考える方が良いってわかったせいだと本人はいっています。そんな彼は、小学四年生。自閉症スペクトラム、ADHD不注意優勢型、学習障害です。見たものは瞬時に記憶できます。聴覚的な指示は理解しにくいです。
    (もふもふ 女性40代 京都府 当事者の家族・親族)

  • No.4

    7歳の息子はトゥレット症候群という発達障害です。自閉症やADHDのように認知度が高くないため、ただの変な子として捉えられてしまいます。簡単に言うと慢性化したチックなのですが、汚言(おげん)という社会的に良くないとされる言葉を無意識に言ってしまうという症状があります。
    (さかな 女性30代 東京都 当事者の家族・親族)

  • No.3

    わが子が発達障害です。こだわりには苦労しました。外出する前にすべての予定を作らないと動けない。幼い頃は、予定を変更するたびに、パニックを起こし、外出が中止になることもしばしば。少しずつ、予定は変わることがある、と学ばせて、今はそれなりに行動できるようになりました。
    (あききょん 女性40代 新潟 当事者の家族・親族)

  • No.2

    ルールにこだわり過ぎる為、暗黙の了解などが理解出来ない。サッカー、ドッチボールなどやっていても、当たった当たってない、線からボールが出たなど些細なことでトラブルになる。自分は絶対正しいと言い譲らなくなるため全てがストップする。最近は、トラブルになる遊びはなるべく避けさせている。
    (大ママ 男性10代 神奈川 当事者の家族・親族)

  • No.1

    3歳4か月の息子です。1歳ごろからお風呂で頭、顔を洗うことが嫌いになり毎日大泣きです。最近はシャワーの音が大きいから嫌なのと言い号泣しています。洗い終わればケロっとする日もあれば、そのまま感情むき出しで怒り狂う日もあります。
    (まぼちゃん 女性30代 東京都 当事者の家族・親族)

あなたの困りごと・対処法を教えてください

投稿フォームはコチラ

TOPへもどる