発達障害プロジェクト

あなたの困りごと・対処法を教えてください

投稿フォームはコチラ

困りごとのトリセツ(取扱説明書)

触覚が過敏

【投稿者の対処法】

  • ◎自分の苦手な触感を知り、できるだけ触れないで生活できるように工夫する。
  • ◎家族や周囲の人に、他人から触られるのが苦手であると伝えておく。
  • ◆家族や周囲の人の工夫は
    • ・当事者の服は、試着をして本人と一緒に選ぶ

●対処のポイント

  • ◎「チクチクした素材の服が苦手」「ヌルヌルしたものを触るとゾッとする」など、自分にとって耐えられない触感はどのようなものかを理解した上で、それを触らないで済むような環境をつくったり、同じ道具や目的でも別の素材で代替できないか試してみたりするといいでしょう。
  • ◎「他の人に肌を触られるのがどうしても苦手で、避けてもらえるとありがたい」など、周囲の人に自分の過敏性をあらかじめ伝えておき、配慮してもらうというのも一つの対処法です。

印刷して使える“わたしのトリセツ” 自分の困りごとと希望する配慮を周囲の人たちに伝えるのに役立ちます

コチラから(PDF)

どのような特性?

発達障害のある人の中には、触覚に過敏性があり、セーターや衣類のタグなどのチクチクした感触など、特定の触感が耐えられないほど苦手である人もいます。自分の触覚に合う服の素材を選んだり、苦手な刺激との接触を避けるなどの工夫が大切だとされています。

また、感覚過敏の中には、「自分からさわるのは平気だけど、他人から触られるのが苦手」といった特性がある人もいて、対人関係においてなかなか理解されにくいこともあります。

子どもが喜ぶ身体遊びなど、好きな活動を取り入れることによって、症状が変わってくることもあります。

▼みなさんからの困りごと・対処法

  • No.20

    自閉症スペクトラム、アスペルガーの診断を受けています。28歳の社会人です。とにかく、他人から身体を触られることが苦痛です。肌に直接か、服の上からは関係ありません。自分の特性を知っている人には、直接身体を触らないで済む形でのコミュニケーションをお願いしています。たとえば、物の受け渡しは、直接手の上ではなく一度机の上に置いてもらう、自分のことを呼ぶときは、肩をトントンとするのではなく声をかけてもらう、といった方法です。買い物のレジでは、セルフレジがあるところを利用したり、電子マネーを使ったりして、なんとか身体が触れ合うことを避けています。
    (祥子 女性20代 福岡 当事者)

  • No.19

    早期定年退職したサラリーマンOBです。床屋が苦手で、とくに髭剃りのとき、上唇の上をつままれたりするのが恐怖でした。これまで数十年間、床屋に行っていません。妻に散髪を頼んだり、妻亡き後は自分で散髪しています。
    (M 男性70代 東京都 当事者)

  • No.18

    急に肩を叩かれたり声をかけられたりすると、飛び上がるほどビックリしすぎてしまうため、よく知っている人たちには、前から声をかけてもらうようにしています。
    (ナルヲ・ディープ 女性40代 埼玉 当事者)

  • No.17

    ADHD・ASDの診断済みです。衣類のタグやニットはもちろん苦手ですが、私が困るのは「首回りや鎖骨付近に何かが当たるのが不快」ということです。上着を着ない季節は、社員証を首から下げることが耐えがたく、シートベルトも気になって仕方ありません。シートベルトに関しては、身体との間にブランケットを厚めにたたんだものを挟んだりして対処しています。
    (とろりす 女性30代 福岡 当事者)

  • No.16

    触られるのが苦手です。家族とかでも、何か聞かれたりする時に、名前を呼ばれずに肩を叩かれたり腕を掴まれたりすると、すごくびっくりしてしまうし、言葉で言い表わせない不快な感覚に襲われます。体には触れずに名前を呼びとめてもらえれば大丈夫です。
    (れもん 女性30代 神奈川 当事者)

  • No.15

    常人以上に熱いものに触れることが苦手らしく、レンジにかけた食器が熱くて触れず、ミトンなしには掴めないことを発達障害の診断を受けるまで母に信じてもらえなかったことがあります。また、バイト先でも熱くて触れない様子がふざけているかのように映っていたようです。
    (シニストラ 男性20代 兵庫 当事者)

  • No.14

    他の人より熱いものが持てない、食べられない(熱々を食べるのをせかされる)など困っています。「熱っ!」となってオーバーにし過ぎ!と言われるので…。寒さもより寒く感じるように思います。あまり言えませんが、寒さが「少し痛く」感じています。着込んでカイロで対応しています。
    (くまさん 40代 神奈川 当事者)

  • No.13

    子供の頃からテッシュのザラザラした感覚が我慢できなくて、鼻をテッシュでかめないし、口周りの汚れも拭えないので、いつもタオルでしていた。手が乾くことがとても嫌なので四六時中しっとりするローションをつけている。料理中でもキッチンから少し離れるとローションをつけてしまい、また料理に戻ると手を洗ってと、無駄なことをしてしまう。
    (ボケおばさん 女性50代 千葉 当事者)

  • No.12

    ASD当事者です。ニットやセーターなどはチクチクの感触に耐えられず着られません。汗をかいた時のペタペタ感も苦手。自分が安心して着られる服はどんなものか確認してみると、綿やシルクで出来ているもの、ゆったりしているもの、肌触りがサラサラしているものでした。ジャージ素材も大抵大丈夫と分かりました。靴下は五本指ソックスにするとベタベタが減って快適です。
    (シンプル 女性30代 茨城 当事者)

  • No.11

    触られるのが苦手で、肌と肌が触れ合うのが特に苦手です。半袖から出ている腕を手で掴まれると、激しい痛みと不快感でパニックになるのです。普通に握手は出来なくても、手袋をしていたら出来ます。触覚過敏ではなく気分でパニックになっているだけだと思われて、分かってもらえなかったことがあります。
    (やさい 女性20代 広島 当事者)

  • No.10

    ADHD診断済みの高3です。聴覚・触覚過敏あります。水関係が苦手でした。泳げなさに焦って小3のプール授業で泳ぎ方を習うまで、お風呂・プール共に水に顔つけられず潜れずでした。お風呂も今年の夏までとても苦手でした。スイミングスクールのコーチが優しく、プールが療育代わりになっていたのだと思います。
    (ななまるちゃん 女性10代 東京都 当事者)

  • No.9

    自閉症スペクトラム、中学生の娘は再生紙の感触が苦手で、一瞬しか触れることができません。テストの時などは、手の下に小さく切った下敷きを敷いて紙に触れないようにしています。許可してくださった学校に感謝です。
    (ひまわり 女性30代 兵庫 当事者の家族・親族)

  • No.8

    買って来た商品などについているシールを剥がすのが苦手で触れないです。対処法は他の人に頼んで剥がしてもらっています。
    (ピンク 女性20代 東京都 当事者)

  • No.7

    小さい時から水関係が苦手。いまだにキッチンやトイレ、特にお風呂が嫌い。顔や体をこするのが苦痛です。また、夜に電気付けて入るのも嫌いです。電気が明る過ぎて、ずっとソワソワして落ち着かない。今は週2回だけ、電気付けなくても入れる日中の間にシャワーを浴びることで、何とか落ち着いてます。夜間は絶対入らないと決めました。
    (u 女性30代 東京都 当事者)

  • No.6

    特定の化繊に遅延性アレルギーがあり48時間後に発疹がでる。ネットで細部まで問い合わせ、ウレタンやリサイクルポリエステルの入ったものは買わない。
    (犬の鼻 女性50代 東京都 当事者)

  • No.5

    アスペルガーの診断を受けています。イヤホンのコードが歩くたびに揺れて動いたりそこかしこに当たったりするのが耐えられません。今は左右をつなぐケーブルとその間に操作部などがあるBluetoothイヤホンを使っていますが、これも購入時コードに巻きつけるような形でタグがついており、これが当たる感覚がどうしても耐えられず、切って外してしまいました。
    (らき☆缶 男性20代 新潟 当事者)

  • No.4

    ざらざらサラサラした感触が苦手な触覚過敏の当事者です。学生時代はチョークの感触が苦手で、ただ持つのも嫌なのですが何より「チョークを持って粉が付いた手でシャーペンやエンピツを持つのが一番嫌」でした。そんな場合、湿らせたティッシュや携帯用のウエットティッシュを用意しておくと、意見発表後にすぐに拭き取れて便利です。
    (ヒロ 女性30代 静岡 当事者)

  • No.3

    肌に何かを塗るのが辛いです。多くの職場で化粧はマナー。皮膚薬やシップを使い続けられないときは症状もなかなかよくなりません。
    (ばたこ 女性40代 愛知 当事者)

  • No.2

    触覚過敏があり、タグや縫い目がチクチクし下着類は全部裏返しで着ていました。5年前位でしょうか、衣類や下着のメーカー10社くらいに、困っているので、どうか縫い目やタグに配慮した製品を開発してくださいと懇願のメールをしました。すると、脇に縫い目のないシリーズを出してくれたり、ガーゼで袋縫いのショーツを出してくれたり、縫わずに特殊な糊で貼り合わせる下着を出してくれたり、少しずつですが、対応してくれるところが出てきて喜んでます。シームレスの下着も最近多いですね。
    (さとさとさん 女性50代 東京都 当事者)

  • No.1

    身近な人には、触れられると辛い場所を伝えておいて特定の場所への物理的な接触を回避しています。ただ、相手の「良かれと思って触れる気持ち」はありがたく受け止めているので無下に断らないこと、相手の気持ちをありがたく受け取っているよ、とその都度伝えて良い関係性を築けるように努めています。
    (しーちゃんさん 女性30代 鳥取 当事者)

  • No.17

    高校一年生の息子が触覚過敏で、新聞や国語や地図帳など、ツルツルとしてコーティングされた教科書やチラシを触ることが困難です。教科書や資料集を使う授業は苦労しました。高校になり、デジタル教科書申請をしたり、写真に取り込んでタブレットで教科書を読むようにしたりしました。学校では認められないため、家庭学習の場だけですが…。
    (あおマンまま 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)

  • No.16

    中学三年生の息子がADHDです。感覚過敏があり、特に熱い物(お風呂、食べ物、外気温、着るもの)が苦手です。着るものは薄着、お風呂はぬる湯、食べ物はぬるい物を中心にすることで対処しています。
    (ゆうまま 女性40代 愛知 当事者の家族・親族)

  • No.15

    娘が3歳年少です。アスペルガーの診断を受けており、感覚過敏があるため、足はかかとをあまり地面につけません。つま先で歩いたり、常にぴょんぴょん飛び跳ねたりしています。幼稚園でお友達と手を繋ぐときも普通に歩けないため、お友達を転ばせてしまったこともあるようです。
    (あいりく 女性9歳以下 東京都 当事者の家族・親族)

  • No.14

    学校の制服で指定されているセーターやベストが着られない。同じような素材に見えても、本人にはどうしてもチクチクしてしまったりしなかったりするので(親でも違いがわからないくらい微妙で、着てみないとわからない)、「異装届」を提出しても理解されにくい。わがままと思われてしまう。
    (トトロママ 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)

  • No.13

    小学2年生の自閉症スペクトラムの男の子を持つ母です。私も当事者で注意欠陥多動性障害があります。息子は好みや着心地といったこだわりがあり、明らかに素材感、カラーの組み合わせが悪くてもそれを着たがります。本人が快適であったり、気分が上がるならそれが1番だよね、と私が気持ちを切り替えるようにしています。本人が変わらなくても周りが認めてあげるって、こういうことですよね!
    (明るい発達障害一家 女性30代 東京都 当事者)

  • No.12

    ADHDで6年生の娘がいます。聴覚と皮膚過敏が酷く、アトピーで入浴後に私が軟膏を塗っていますが、その後すぐ娘が濡らしたタオルで拭き取ってしまいます。全身かさぶただらけです。アトピーのせいなのか、皮膚過敏で痒いのかもよくわかりません。肌着を嫌がり真冬でもトレーナー1枚です。また、会話が出来ないので本人がどうしたいのかもわかってあげられません。
    (れい 女性40代 神奈川 当事者の家族・親族)

  • No.11

    小学2年生の自閉症スペクトラムの息子は、手首〜ひじの部分に感覚過敏があり、長袖がダメで、トレーナーなども全てハサミで切って対処しています。息子が快適なら問題なしとし、服を切る事にも大分慣れました。
    (ドン子しいたけ 女性40代 大阪府 当事者の家族・親族)

  • No.10

    小2の息子です。以前は何ともなかったのですが、急に手の爪切りを嫌がりだしました。夜中寝入ってから切ると、翌朝「爪が無い〜!」と泣き叫び、暴れまくる始末。最近は分からないように寝入ってから、2〜3日に一回やすりで削っています。
    (夜なべの母ちゃん 女性40代 岡山 当事者の家族・親族)

  • No.9

    5歳の娘は自閉症スペクトラムです。お腹まわりの感覚が敏感で、シャツをズボンの中に入れると嫌がります。チュニックを着せたりシャツの裾が見えてもおしゃれなものを選んだり。このごろは「ゴジョゴジョするよ」と予告して「ゴジョゴジョ」と言いながらだと、シャツを入れられるようになりました。
    (虹の子ママ 女性30代 兵庫 当事者の家族・親族)

  • No.8

    自閉症と診断された4歳の長男は、石鹸やシャンプーが苦手です。どうやら泡がつくのが嫌みたいで、身体につくと泣いて、すぐ洗い流そうとしていました。このまま無理して続けるとお風呂自体も拒否される恐れがあったので、今は新生児が使う沐浴剤を使っています。これだと泡がないので平気みたいで、本人もこちらもお互いストレスなく洗えています。
    (コマさん 女性30代 神奈川 当事者の家族・親族)

  • No.7

    水着の胸のところの布が気持ち悪い、濡れた髪が肩にあたるのが気持ち悪い、タオルで体をふいても完全に乾燥しないと服を着たくない。小学校のプール授業では困ることばかり。
    (ぴっぴ 女性9歳以下 当事者の家族・親族)

  • No.6

    不意に触られるのが苦手。高校生の息子はお年頃になってから、突然ノリで肩に手を置かれたり、勢いでふざけてハグされたり、ツッコミで叩かれたりすると振り払って激怒するようになりました。満員電車で人とぶつかると露骨に嫌な顔をするのであえて暑い季節でも自らマスクをつけていきます。人のくしゃみや咳にも耐えられないそうです。いつか誤解を生じトラブルにならないか、心配です。
    (かつおの母 女性40代 千葉 当事者の家族・親族)

  • No.5

    息子は触覚過敏で、ジーンズなどの固い生地や締め付け感のあるもの、フリースなど、ふわふわした生地も嫌がります。なので幼いころから「綿の薄い生地」の服しか着ません。重ね着も嫌がり、冬でも上着を着たがりません。また、柄や色にもこだわりがあり、私が選んだものは殆どNGでした。本人が気に入った服がわかったら、それを数着買います。というわけで毎日、同じような服装になっていますが、本人は気にしてませんし、洗濯しているので問題ありません。あと、成長と共にこだわりも緩やかになって来ていると感じています。
    (たんでん 女性40代 静岡 当事者の家族・親族)

  • No.4

    23歳の長女は発達障害を持っていて、皮膚の感覚が過敏なため肩掛け、斜め掛け、リュックサックなど体に触れる持ち方をするかばんを使うことができません。インターネットの通信販売で荷物がよく入って持ち手が短めのものを見つけました。
    (圭子 女性40代 大阪府 当事者の家族・親族)

  • No.3

    息子が発達障害で、感覚過敏&鈍感どちらもあります。爪切りが痛いらしく、指を切っているかのように痛がり、泣き叫びます。しかし、大好きなテレビ番組を見ていると、全神経がテレビに集中するので、爪を切っても大丈夫!!それを発見してからは、テレビを見ながらの爪切りタイムです。
    (まいちん 女性30代 大分 当事者の家族・親族)

  • No.2

    柔らかい生地の服や靴しか身につけることができない。幸い小学校は制服がないので、本人がしっかり試着して選んだ服(色違いなどで揃える)を着て登校している。中学生になると詰襟が制服の学区なので心配している。
    (もみじ 女性40代 広島 当事者の家族・親族)

  • No.1

    13歳の発達障害をもつ息子がおります。昔から注射が苦手で異常に暴れてしまい小さいから何年か経てば治ると思っていましたが13歳の今も注射となると泣き叫びます。本人は凄く痛いのだと言います。
    (アッくんママ 女性30代 神奈川 当事者の家族・親族)

  • No.1

    触られるのが苦手です。特に、自分の視界に入らない部分を触られると恐怖すら覚えます。「触られるのは苦手だからやめてほしい」と訴えたことはあるのですが、あまりまじめに取り合ってもらえないことのほうが多く、むしろ自意識過剰だなんだとお説教をされることもしばしばです。触らなくても名前を呼んでもらえれば振りむきます。
    (生野 女性30代 北海道 当事者)

あなたの困りごと・対処法を教えてください

投稿フォームはコチラ

TOPへもどる